カナダ駐在の求人てあるの?魅力的な仕事がある求人サイト

生活・仕事にメリットあり!カナダ駐在を募集している求人

canadachuzai1.jpg
カナダに駐在員として出向きたい場合、まずはその企業がカナダに進出しているのかどうか、カナダにグループがあるのかどうかなどを調べる必要があります。

そして、たとえカナダに関連している会社だったとしても、駐在員を募集していなければ日本での仕事だったり、他の国の仕事を任されるかもしれません。

すぐにカナダに行きたい訳ではなく、チャンスがめぐってくる可能性があるということである程度待っても良いのであれば、それでも問題ないかもしれませんが、すぐにカナダで仕事がしたいのであれば他の方法を選びましょう。
 

カナダ駐在の求人情報を入手する


もっと簡単にチャンスを得るためには、今現在、カナダでの駐在員を募集している求人情報を得ることがいちばん良いでしょう。

ただ闇雲に求人情報の雑誌を読んだり、インターネットで調べたりしても、なかなかカナダでの駐在員募集の情報を見つけることは難しいです。
専門的な内容になりますから、海外の専門的な就職や転職を扱っているサイトなどを利用することをオススメします。

たとえば、海外赴任の求人を集めた就職や転職の支援サイトなどがあります。2つ列記してみますので参考にしてください。
 

1.リクルートエージェント

recruita.jpg
リクルートの数あるサービスの中では海外むけ、グローバル人材向けの転職支援サイトです。

古くから日本の会社との取扱が多いため最もカナダ駐在の求人に近いサービスといえます。希望勤務地=北米で登録してみましょう。

キャリアコンサルタントが支援してくれます。求人探しから企業への推薦、給与交渉など代行も行います。
 

2.パソナキャリア


パソナグループは伝統的に海外にも支社を置き、グローバルに活動している転職支援サイトです。カナダにも支社があるため転職ノウハウもあります。

パソナキャリアは国内企業向けですので、駐在求人も入ってきてる可能性があります。無くても登録しておいていつでもメールを貰えるようにしておくと良いです。
 

他にも幾つか海外向けの転職支援サイトはありますが、求人数の多さから言えば上記2件に登録しておいてまずは十分でしょう。

登録しておけばカナダの駐在の求人が入った時にはメールなどで連絡をもらえるように設定しておけば簡単にチャンスを掴むことができます。

日本の企業の求人とは違って、対象となる人数も少ないですし、企業の数も少ないですから、チャンスがめぐってきた時には逃さないようにこまめにメールなどをチェックしてください。

 

カナダのハイスペック駐在求人で問われるスキルとは


カナダで働くにあたって、報酬の面や福利厚生など待遇のことを考えるとやはり日系企業の駐在員として働いてみたい望を持つ方も多いかと思います。カナダは日本よりも生活費が安く済むとは言え、現地採用でのお給料と比べると駐在員のお給料ははるかに高額になりますから、安定した生活が約束されているといっても過言ではないでしょう。
それでは、駐在員として働くために必要なスキルはどのようなものなのでしょうか。このポイントを抑えて、求人が出たときに対応できるようにしていきましょう。

まずは、とにかくビジネスレベルの高い語学力が必要となります。カナダの公用語は大半が英語ではありますが、ケベック州など地域によっては英語よりもフランス語が日常的に使われているところもありますので、英語だけではなく併せてフランス語もできる方ですと、非常にカナダでの就職・転職が有利に働くといっていいでしょう。
もし駐在員として働きたいのであれば、TOEICのスコアは900点程度の高いレベルが求められます。ビジネスレベルの会話、読み書きができるのは当然のことですが、仕事で使う専門用語などもすべて英語で理解して使うことができる高いスキルが必要となるのです。

また、単純に語学スキルが高いだけではなく、駐在員の場合ですと現地の会社を任されるようなポジションに就くことが多いので、その仕事の専門的なスキルも必要となります。年収も1000万円オーバーの求人はよく出ています。
たとえば、営業職であればコミニケーション能力やディベート能力、さらに最近非常に求人募集が増えているIT関連の職種であれば、エンジニアとしての高いスキルが求められるのです。
 

これだけは理解しておこう!カナダの駐在と現地採用の働き方、求人

canadachuzai2.jpg
カナダで仕事をするにあたって、どこかに就職や転職をするのであれば大きく分けると二つのタイプがあります。まず一つが、日本で就職や転職活動をした後に海外事業部などに配属されて、カナダに進出している工場や会社、グループ関連企業などに駐在員として働くタイプです。
こういった場合には、現地で直接採用されるよりも、お給料や福利厚生の面では優遇されます。日本でもらえる分のお給料に加えて、海外で仕事をしている分ということでプラスされるからです。

そしてもう一つが、カナダに出向いた上で直接現地の会社に就職するタイプです。こういった場合には、日本食のレストランなどではない限り周りの従業員に日本人がいないこともほとんどですから、ある程度の語学力が求められます。
また、住む場所も、駐在員の場合には会社が借りている立派なマンションなどに住むことができて家賃の補助などもあるでしょうから、いわゆるいい暮らしができるはずです。
ただ、現地採用の場合には、自分で住む場所も用意しなくてならないケースがほとんどです。家賃についてや、住む環境について、さらにはセキュリティーについてなども考えた上で決めていく必要があります。

もちろん駐在員として働いた方が待遇面ではいいかもしれませんが、あくまでも会社が決めることですから、いつカナダでの赴任が終わるかも分かりません。もう少しいたい…と思っても日本に帰ったり、他の国に異動になることもありますから、自由にカナダにいられるわけではないのです。

 

かなりの魅力あり!駐在員としてカナダに赴任する方法


日系企業で働いている場合、その会社が海外に進出していたり、海外の会社とグループを結んでいたりすると、駐在員として海外のオフィスや工場などに派遣されることがあります。
こうした駐在員としてカナダで働くケースも決して珍しくはありません。海外ならどこでもいいという方もいれば、カナダだけを狙って行きたいという方もいるかと思いますが、自分の希望がすべて通るわけではありませんから、どの国で仕事をするのか、そしてその期間や待遇面などもそれぞれの会社にゆだねられています。

まず、駐在員としてカナダに行きたいのであれば、日本で就職や転職をする段階で、その会社がカナダに進出している企業なのかをしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

海外の事業をしているけれども、カナダとは全く関係なく、カンボジアやインドネシアなど東南アジアに偏っている場合には、いくらカナダに行きたいって言っても無理な話です。
カナダに進出している場合には、異動願いなど自分が希望する仕事を会社側に伝えておけば、チャンスがめぐってくるかもしれません。

いちばん最初の段階として、どのような企業がカナダに進出しているのかを調べるにあたっては、人材紹介会社などに登録して情報を得ると非常にスムーズです。海外の仕事に関して専門的におこなっていたり、海外の就職に強い所にあたってみましょう。そうすれば、自分だけでは知りえない情報もたくさん得ることができます。
駐在員に限らず、様々な働き方と企業選びを提案するサイト
姉妹サイト:カナダ求人サイトの選び方 - タイプ別、企業別でこう選ぶ!